ワンランク上のステージに上がるための体づくり!
世田谷区梅ヶ丘の整体タナゴコロ

股関節の痛み、その症状”あきらめる”にはまだ早くありませんか? 症例11

症例紹介

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは小原太郎です。

 

 

自営業者、

フリーランス、

中小企業零細企業の経営者の皆さん

 

 

あきらめる」という

言葉を使うことはありますか?

 

 

「あきらめる」という言葉

”手放す”とか”止める”といった

後ろ向きな印象がありますが

 

 

 

五木寛之さんの著書に

「”あきらめる”とは”明らかに究める”という

こと」という一文があります。

 

 

「全てやり切ってもうこれ以上はない」

ということ。

 

 

今日はご自身のカラダの痛みや現状を

悲観して、”あきらめる”

言葉を呟いた人の話です。

 

 

明らかに究めたか?

もし、同じ症状に悩んでいたら

ご自身にも問うてみて欲しいのです。

 

 

その.1

股関節の痛みと恐怖に諦めた

 

 

 

Mさん女性50代(仮名)

ダンス教室を経営し、

ご自身も講師として生徒を教えているMさんは数年前に左股関節の変形に悩み人工骨頭の手術をしました。

手術は成功して生活にも問題はありませんでしたが、しばらくすると右側の股関節痛みに気付き

病院で右側の股関節の変形を診断されました。「このままだと右股関節もいづれ手術する可能性もあります」とお医者さんに言われ、Mさんはあれから体を動かすことが怖くなってしまった。

右股関節も痛を避けるように動かせなくなっていきました

 

 

「右股関節は変形していて動かせないし・痛いから・・もう諦めているんです」

 

 

Mさんを諦める気持ちにさせて縛りつけているのは、

股関節が変形している事実、

痛みを感じながら変形が進行する恐怖です。

 

 

早速カラダを拝見しました。

既に手術している股関節は

人工関節になっているの

できることは限られますが、

 

 

 

Mさんのカラダの良いところは

長くダンスを続けてきたので

骨格も太くしっかりしています。

 

 

幸いにも股関節以外には

目立った不調はない。

 

 

明らかに究めるにはまだ早い」と思いました。

 

 

その.2

短所ではなく、長所に焦点を合わせる

Mさんのカラダの中で活かせる場所はどこか?

実は沢山あったんです。

 

 

短所ではなく長所をみつけて

活かすことがポイントになります。

 

 

ここでカラダの仕組みをひとつ。

股関節は他の関節と協調しながら動きます。

それは足首や膝の関節が固く強張っていると

股関節も固くなるということです。

 

 

逆に考えるならば、

足首・膝関節を柔らかくすることで

股関節を柔らかくすることもできます。

 

 

 

 

右足首・右膝を調整して

Mさんに右股関節が痛みなく

動かせることを体感してもらいました。

 

 

 

「えっ?痛みがない」

 

 

痛みが怖くて深くしゃがむ動作も

できなかったMさんは

 

 

股関節に触れるコトなく

それが突然できるように

なって驚いていました。

 

 

右股関節は変形しているかもしれませんが

動かせなくなる程の

機能障害はなかったのです。

 

 

 

その.1

変形があったとしても

 

痛みが現れないことがわかると

自信を持って足を踏み出せるし、

今まで我慢していた動作を

できるようになります。

 

 

「こんなに動かせると思わなかった・・・」

 

Mさん自身が”あきらめて”しまっていたが故に、

本来なら動かせた股関節の動きを

自ら封じてしまっていたんです。

 

 

Mさんの経過は

今後も見ていく必要がありますが

 

 

今のところ目立った不調はなく

仕事もプライベートも

痛みや動きの不自由に苛まれることなく

生活しています。

 

 

 

怪我による・もしくは加齢による

変形はあります。

 

 

ただし、変形があっても

無痛状態で生活している人も

沢山います。

 

 

 

痛みが起きない理由は様々ですが

変形している(例えば股関節や膝)

以外の関節が上手に働いている

ということがあります。

 

 

あなたがもし、痛みや動きの

不自由に悩んで

”あきらめて”いたら。

 

 

それは「明らかに究めて」

いるのでしょうか?

 

 

僕がMさんに施したこと

それは「カラダの中で活かせる機能を引き出す」

ことです。

 

 

 

あなたの中にも活かせることが

まだ沢山あるかもしれない。

 

 

 

僕たちはお客様に

そのキッカケを創り続けます。

 

 

 

 

最後まで

ご拝読ありがとうございます。

整体タナゴコロ

小原太郎

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-16-7
フラット1167 1F
マップを見る
店休日 水曜日
営業時間 10:00~20:30(last19:30)
タナゴコロのHP

           

フィジカル
プロデューサー

                               
名前小原 太郎
住まい東京都

Profile

身体を通して人生が変わる
キッカケを与え続ける
フィジカルプロデューサー

・ナショナル整体学院卒
・日本セラピスト協会ゴールド会員。

【 略歴 】
19歳から整体学校へ通い卒業後、 現在に至るまで20年以上、 手技療法を続けている。

整体やカイロプラクティック リラクゼーションマッサージから 足ツボなど様々な業態。

従業員・管理職・マネージャー職 という立場を経験する中で 手技業界の雇用環境や 療術家のこれからの在り方に 疑問を抱き改革するべく。

2016年に世田谷区梅丘に 「整体タナゴコロ」を開業。

20年間で経験してきた 東洋・西洋医学の手技療法を 融合させた技法を扱う。

・長期的な腰痛や膝の痛みなど長く痛みに  苦しんで、諦めかけている方。
・原因がわからない不調に悩んでいる方
・整体を受けてもすぐ身体が悪い状態へ戻る方
・自分の身体のことが知りたい方
 そんな方のお役に立ちます。

月別記事