ワンランク上のステージに上がるための体づくり!
世田谷区梅ヶ丘の整体タナゴコロ

【腰痛の原因】背筋が弱い・腹筋が弱いから?

ぎっくり腰

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは

整体タナゴコロ代表の

小原太郎です

 

 

自営業・フリーランス

中小零細企業経営者の皆さん

 

 

腰痛の原因において

背筋が弱い

腹筋が弱い

と思ったことありませんか

 

 

背筋(腹筋)が弱いんですよね・・・

腰痛のお客様から

聞くことがあります。

 

 

 

 

本当にそうなのでしょうか?

 

 

今日は腰痛の原因を

背中とお腹の筋力減退だと

思っている人に読んでもらいたい記事。

 

 

その.1

背筋が弱ると腰痛になる?

 

Yさん男性30代後半

30歳を過ぎてから長

年慢性腰痛で悩んでいる。

この3年リモートワークになってから

特に腰痛がひどくなった、本人は

「背筋が弱くて腰痛になっている」と語っていた

 

 

Yさんの語る

背筋が弱くて腰痛になっている

よく聞く言葉なんです。

 

 

”腰は背中の筋肉の一部だから

背中の筋肉が弱ると、支えられなく

なって腰痛になる”

 

 

確かに想像しやすい

腰痛の原因ですよね。

 

 

ここで語られている

背中の筋肉は

脊柱起立筋というものです

 

 

 

 

背骨に沿って筋走行し

起立というように

背骨を立たせる筋肉です

 

 

この筋肉は就寝する時のように

横向き、仰向け、うつ伏せに

なる時以外は常に背中を

支えられるように

無意識に力が入る仕組みがあります。

 

 

ですから、寝たきりの生活で

ない限りは、極端な筋力減退は

おきません

 

 

背中の筋力減退で

腰痛になっている人は

過去数名。車椅子でお孫さんと

同伴された80歳のおばあちゃん。

 

 

他も高齢者の方が殆どです。

30代後半で背中の筋肉の

減退で腰痛になるのは

あまり聞いたことがありません。

 

 

その.2

僕自身の体験を紹介します

でも、僕も背筋の減退で

腰痛になると考えていた時があります。

20年以上前のことです。

腰痛に悩んでいたので

 

 

週三回トレーニングジムで

背筋ばかりを集中して

鍛えていました

 

 

結果は・・・

腰痛は悪化しました(笑)

コルセットをつけて仕事を

することになりました。

 

 

この結果でわかることは

背筋の筋力増加だけでは腰痛を

改善することはできない

ということです

 

 

 

その.3

バランスが大切

 

腰の快適さ(安定感)を

維持する為には

 

 

床からの反力(に対する骨盤の角度形成)

筋肉(背中・腹部・足・腰の側部の筋肉)

靭帯

 

 

沢山の機能がバランスよく

合わさって

出来上がるのです

 

 

腰の安定性の話しを

全ての機能の関連について

広げると、小難しい話を

することになるので

 

 

今回の記事では割愛します。

 

 

以下の図は腰部の安定と

骨盤の安定を筋肉の働きから

描いたものです

 

 

背筋・腹部の筋肉・下肢の筋肉・

そして腰の側面の筋肉

大きく4つが関わります

 

 

 

 

背筋は支えるうちの1つに

過ぎません。

そして、Yさんのように

リモートワークを

生活の大きな変化と考えるなら

 

 

筋力が減退しやすいのは

1、下肢の筋肉

2、下肢と連動する腹部の筋肉

 

この2つだと考えます。

 

 

その.4

腹筋が弱いと腰痛になる?

腹筋が弱くて腰痛になる

これもよく聞く言葉ですが

これに関しては一部当てはまります。

 

 

しかし、

腹筋(腹直筋)のように

表面の筋肉ではなく

 

 

腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)のように

お腹の深くに位置する

 

 

骨盤を安定させる筋肉の

機能異常(伸び縮みが正常ではない)が

起きていると考えます

 

 

話しを戻しますが、

リモートワークで

通勤がなくなり

 

 

下肢の筋肉の減退すると

腹部筋肉(腸腰筋)は

足の動きと一緒に働くものが

多いので

 

 

腹部筋肉も減退し

骨盤が不安定になり

腰痛が発生します。

 

 

 

Yさんのように

リモートワークになって

腰痛が悪化した人は

極端な運動不足が引き金になっている

可能性が高い。

 

 

 

それを背筋が原因だと

思い込んで、背筋の筋トレを

始めてしまうと・・・・・

 

 

 

過去の僕のように

腰痛悪化してしまうかもしれない。

 

 

 

 

その.5

Yさんを腰痛から解放したもの、それは・・・

 

Yさんには

ここまでのお話しを

伝えた上で、

 

 

腰部の筋肉調整と

腹部の運動療法

下肢の安定性強化には

テーピングを使用しました。

 

 

 

 

三回お会いするまでに

腰部の痛みは10分の1まで

軽減し。現在は悩む程の痛みは

現れていません。

 

 

Yさんはあれから

最低毎日30分は歩く時間を

つくるようになったそうです。

 

 

 

 

Yさんが

「腰痛の原因は背筋が弱いから」と

思い続けていたら、今もまだ

腰痛に悩んでいたでしょう。

 

 

原因がワカルと

あなたのカラダは変わります

 

 

 

 

Yさんを変えたのは

手技やテクニックではなく

自分のカラダを知る(ワカル)こと

だったのではないでしょうか。

 

 

 

 

最後まで

ご拝読ありがとうございます

 

 

整体タナゴコロ

小原太郎

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-16-7
フラット1167 1F
マップを見る
店休日 水曜日
営業時間 10:00~20:30(last19:30)
タナゴコロのHP

           

フィジカル
プロデューサー

                               
名前小原 太郎
住まい東京都

Profile

身体を通して人生が変わる
キッカケを与え続ける
フィジカルプロデューサー

・ナショナル整体学院卒
・日本セラピスト協会ゴールド会員。

【 略歴 】
19歳から整体学校へ通い卒業後、 現在に至るまで20年以上、 手技療法を続けている。

整体やカイロプラクティック リラクゼーションマッサージから 足ツボなど様々な業態。

従業員・管理職・マネージャー職 という立場を経験する中で 手技業界の雇用環境や 療術家のこれからの在り方に 疑問を抱き改革するべく。

2016年に世田谷区梅丘に 「整体タナゴコロ」を開業。

20年間で経験してきた 東洋・西洋医学の手技療法を 融合させた技法を扱う。

・長期的な腰痛や膝の痛みなど長く痛みに  苦しんで、諦めかけている方。
・原因がわからない不調に悩んでいる方
・整体を受けてもすぐ身体が悪い状態へ戻る方
・自分の身体のことが知りたい方
 そんな方のお役に立ちます。

月別記事