ワンランク上のステージに上がるための体づくり!
世田谷区梅ヶ丘の整体タナゴコロ

【足首捻挫あとに不調を抱える人必見!】足首のトラブルとリスク

症例紹介

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは

整体タナゴコロ代表の

小原太郎です

 

 

自営業・フリーランス

中小零細企業経営者のみなさん

 

 

大なり小なり

怪我の経験はあると思います

 

 

例えば”こんな怪我”

ブログを読んでいるご自身や

お子さんをお持ちの方にも

読んでもらいたい今日の記事です

 

 

 

Today`s Blog No,1281 Start!

 

 

整体タナゴコロの小原太郎は
小田急線梅ヶ丘で

 

日本式整体・カイロプラクティックを
融合させた独自の療法を用い

 

21年間の2万人以上の臨床経験から
肩こり、腰痛の解決だけではなく

 

お客様の夢・理想の達成に導く
キッカケを与え続けます!

 

 

 

 

 

その.1

捻挫という小さな怪我から始まる大きなリスク

 

足首の捻挫を経験したこと

誰でも1度くらいあるのでは

ないでしょうか

 

 

ブログを書いている

小原太郎も

学生時代何度も

足首の捻挫を繰り返して

 

 

捻挫グセ”があると

自分でも自覚しています

 

 

あの頃しっかり怪我の

処置をしておけば

腰痛の数を人生で減らせたろうに・・・

そんなことを考えます

 

 

捻挫自体は小さな怪我ですが

時間と共に大きな

リスクを作っていくからです

 

 

その.2

捻挫の80%は決まっている

 

ここで足首の捻挫について

殆どの捻挫は足首と認識している

距骨下関節で起きます

 

 

 

 

そして捻挫には

内反捻挫外反捻挫

2種類あります

 

 

足首(距骨下関節)の構造を

みてみましょう。

これは右足の図ですが

向かって左側が外踝(そとくるぶし)

右側が内踝(うちくるぶし)です

 

 

外踝と内踝に

赤い線を引くと

外踝の方が内踝より

低い位置になります

 

 

したがって

青い矢印の方向への

方向への力が加わり

やすくなります

 

 

 

また足首の靭帯は

内側よりも外側の

靭帯の方が弱くなっています

 

 

そのことから

捻挫80%が

内反捻挫で起きるのです

 

 

補足すると

足首は底屈+内反が

一番不安定になるので

 

 

イラストにすると

こういった捻挫が

多いと言えます

 

 

 

その.3

捻挫で起きるのは筋肉損傷だけじゃない!

 

捻挫で起きるのは

筋肉の損傷や靭帯の損傷も

ありますが

 

 

距骨という足首の

関節を構成する

骨が外側+前方に

移動しようとします

 

 

 

距骨は足首から上を

連結させている

重要な骨です

 

 

捻挫を繰り返して

距骨が外側+前方に

移動して歪んだままに

なると

 

 

歩行中の蹴り出し動作の異常

スネが緊張しやすくなる(歩き疲れ)

下半身外側の緊張

骨盤の歪み

腰痛・肩こり・・・・

 

 

といった足首から上の

構造に対して様々な障害が

発生します

 

 

 

 

これが、冒頭にあった

捻挫という小さなリスクから

はじまる、大きなリスクの

ひとつです

 

 

もう一つリスクがあると

するならば

 

 

足首の捻挫が原因で

足の疲れや・腰痛などの

不調が起きているとういうことが

わからなくなってしまうこと

 

 

原因がわからないので

太腿や腰をマッサージするも

 

 

疲労を繰り返すのは

怪我の処置から時間が経過して

原因がわからなくなって

しまっているからです

 

 

 

 

足首の捻挫については

怪我の直後は仰向け横向きなど

体重をかけない状態での安静

 

 

アイシング(冷却)

包帯などの圧迫、心臓より上へ

軽く挙上させるなど

 

 

一般的な処置方法があります

重要なのは炎症が治った

あとの足首から全身の

骨格の矯正です

 

 

ブログを読んでいるあなた、

もしくはあなたのご家族で

スポーツによって怪我をして

以降、怪我が続いたり

 

 

慢性的な腰痛や首の疲れ

疲労症状が続いていたら

足首の骨の何か原因が

あるかもしれません

 

 

こういった症状が

あなたにストレスとして

行手を阻み

 

 

あなたの達成したい夢や

実現したいコトに対しての

障害物になります

 

 

それが僕たちは

許せないのです

あなたを阻むものを解決し

 

 

標や夢を叶えている

あなたの姿をこの目で見て

喜びを分かち合いたいのです

 

 

 

タナゴコロあなたが

向かう目標や夢を叶える

キッカケを

カラダを通して創りあげます。

 

 

 

 

最後まで

ご拝読ありがとうございます

 

整体タナゴコロ

小原太郎

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-16-7
フラット1167 1F
マップを見る
店休日 水曜日
営業時間 10:00~20:30(last19:30)
タナゴコロのHP

           

フィジカル
プロデューサー

                               
名前小原 太郎
住まい東京都

Profile

身体を通して人生が変わる
キッカケを与え続ける
フィジカルプロデューサー

・ナショナル整体学院卒
・日本セラピスト協会ゴールド会員。

【 略歴 】
19歳から整体学校へ通い卒業後、 現在に至るまで20年以上、 手技療法を続けている。

整体やカイロプラクティック リラクゼーションマッサージから 足ツボなど様々な業態。

従業員・管理職・マネージャー職 という立場を経験する中で 手技業界の雇用環境や 療術家のこれからの在り方に 疑問を抱き改革するべく。

2016年に世田谷区梅丘に 「整体タナゴコロ」を開業。

20年間で経験してきた 東洋・西洋医学の手技療法を 融合させた技法を扱う。

・長期的な腰痛や膝の痛みなど長く痛みに  苦しんで、諦めかけている方。
・原因がわからない不調に悩んでいる方
・整体を受けてもすぐ身体が悪い状態へ戻る方
・自分の身体のことが知りたい方
 そんな方のお役に立ちます。

月別記事