ワンランク上のステージに上がるための体づくり!
世田谷区梅ヶ丘の整体タナゴコロ

【胃腸のお話し】姿勢は内臓のコンディションに影響する

内臓関連

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは

整体タナゴコロ代表の

小原太郎です。

 

 

自営業・フリーランス

中小零細企業経営者のみなさん

 

 

突然ですが

あなたの内臓は

姿勢の影響をとても

受けています

 

 

知らないうちに

内臓にダメージを

与えていたとしたら

ちょっと怖いですよね。

 

 

姿勢ひとつで

内臓は変わる。

今日はそんなお話です。

 

 

Today`s Blog No,1155 Start!

 

 

 

その.1

姿勢を変えるだけで、薬の効き目が変わる

 

僕は毎日サプリメントを

飲んでいます

口に入れてコップ一杯の水を

口にザブリ

 

 

 

飲む時の姿勢は

立っているか

座っているか。

 

 

サプリだけじゃなく

薬を飲む人も

立つか座るかの

姿勢で服薬しているのではないでしょうか

 

 

でも、薬を効率よく

吸収するには

 

 

右側を下にして

寝そべった姿勢で

服薬したほうが良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

薬の効果を速めたい時は、飲む時の姿勢を変えればいいとする研究結果

 

 

『Physics of Fluids』(2022年8月9日付)に掲載された研究では、物理学・生体力学・流体力学にもとづく「StomachSim」というモデルで、胃の動きをリアルに再現。飲み込まれた薬がどうなるのかシミュレーションした。

 錠剤の多くは、胃ではなく、腸に入ってから効き始める。だから腸の入り口に近いところに落ちて、速やかに十二指腸(腸の最初の部分)に運ばれれば、それだけ早く溶けて効果を発揮できる。

 

 

 

 

 

 

右側を下にして

寝そべった姿勢だと、

普通に体を起こして

服用したときより

 

 

2.3倍吸収が早く

薬の効きが

早くなるそう。

 

 

 

 

ちなみに一番吸収が遅いのは、

反対向きである

左側を下に寝そべった姿勢。

 

 

 

この場合

薬が吸収されるまで

右側を下の10倍も時間がかかる

これだけ姿勢は

内臓に大きく影響しているんです

 

 

 

ここで僕が皆さんに

知ってもたいのは

 

 

 

それは、内臓は姿勢の

影響をとても受けている

ということです。

 

 

その.2

姿勢が内臓に及ぼす影響・日常編

 

前屈み(猫背)の姿勢から

内臓への負担を

考えてみましょう

 

 

 

 

 

 

この姿勢胃腸や消化器などの

器官上からグッと押さえこむ

ような姿勢なんです

 

 

デスクワーク

(座っている)時でも

これは同じです。

 

 

 

食後で胃腸に食べ物が

入った状態なら尚更です

 

 

 

また前屈みの姿勢は

腕の捻れから肩甲骨が

胸郭(肋骨)に覆い被さる

ような状態になります

 

 

これは肺に空気が入り

胸郭が広がろうとする

自然な動きを妨げ

呼吸を浅くしてしまうのです

 

 

 

 

 

胸郭・肺が動かしにくい

ということは

横隔膜も動きが少なくなります

 

 

だから、胃腸にも

負担がかかる・・・

姿勢が内臓に与える

影響は大きいのです

 

 

 

その.3

予防するには

 

前屈みの姿を

予防する運動。

 

 

以前にもブログで

紹介しましたが

参考までに

 

 

 

 

 

■肩甲骨を動かし、猫背を予防する運動

_ 

 

 

 

食後に胃もたれする

お腹が重たい

気持ち悪くなる

などの症状

 

 

姿勢が原因で起きて

いる可能性もあります。

 

 

胃腸は筋肉によって

動いているので、負担を

受け続けると固く動きにくくなり

前屈みの姿勢を更に助長します

 

 

上記の肩甲骨を動かす

セルフケアで改善するならば

習慣にして予防を

続けてもらいたいです。

 

 

既にセルフケアでは

どうにもならなくて

心配な方は

 

 

 

僕たちタナゴコロが

あなたが変わるキッカケを

創ります。

 

 

 

 

 

最後まで

ご拝読ありがとうございます

 

整体タナゴコロ

小原太郎

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-16-7
フラット1167 1F
マップを見る
店休日 水曜日
営業時間 10:00~20:30(last19:30)
タナゴコロのHP

           

フィジカル
プロデューサー

                               
名前小原 太郎
住まい東京都

Profile

身体を通して人生が変わる
キッカケを与え続ける
フィジカルプロデューサー

・ナショナル整体学院卒
・日本セラピスト協会ゴールド会員。

【 略歴 】
19歳から整体学校へ通い卒業後、 現在に至るまで20年以上、 手技療法を続けている。

整体やカイロプラクティック リラクゼーションマッサージから 足ツボなど様々な業態。

従業員・管理職・マネージャー職 という立場を経験する中で 手技業界の雇用環境や 療術家のこれからの在り方に 疑問を抱き改革するべく。

2016年に世田谷区梅丘に 「整体タナゴコロ」を開業。

20年間で経験してきた 東洋・西洋医学の手技療法を 融合させた技法を扱う。

・長期的な腰痛や膝の痛みなど長く痛みに  苦しんで、諦めかけている方。
・原因がわからない不調に悩んでいる方
・整体を受けてもすぐ身体が悪い状態へ戻る方
・自分の身体のことが知りたい方
 そんな方のお役に立ちます。

月別記事