ワンランク上のステージに上がるための体づくり!
世田谷区梅ヶ丘の整体タナゴコロ

【神経】丈夫だけど、◯◯が少なくなると・・・?

カラダ小噺

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは

整体タナゴコロ代表の

小原太郎です

 

 

自営業・フリーランス

中小零細企業経営者のみなさん

 

 

何だか、最近

足が疲れやすくなった・・・

 

 

 

そう感じている

あなたに

 

 

読んでもらいたい

記事です。

 

 

 

Today`s Blog No,1209 Start!

 

 

その.1

電気刺激による治療法

脊椎損傷で歩行困難に

なった方は沢山いますが

最新の技術では

 

 

損傷していても

治療によって回復する

ことがあるという

記事が目に留まりました

 

 

 


■脊髄損傷患者に電気刺激を与えることで
再び歩くことができるようになるメカニズムが判明、
腰髄の神経細胞のはたらきが不可欠

 

スイスの研究グループが、脊髄の損傷により重度のまひを患い歩行が困難な患者を調査した結果、これまで未発見だった脊髄損傷後の回復に必要な組織を発見したと発表しました。

そこでスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の神経科学者であるクラウディア・キャシー氏らが、脊髄の「硬膜」と呼ばれる部分に電気刺激を与える硬膜外電気刺激という技術を、重度の脊髄損傷を受けた9人の患者とマウスで検証しました。

患者たちが週に4~5回の刺激とリハビリを5カ月間続けたところ、全員が歩行器の助けを借りて歩くことができるようになったとのこと。

 

 

被験者の全員が

歩行器の助けを借りて

歩けるようになったのは

大きな効果ですね

 

 

重度の脊椎損傷は

回復が難しいと

されていましたが

 

 

こういった医学の進歩で

障害が克服されていく

記事を見るのは嬉しいです。

 

 

脊椎損傷は

日常生活の中では

余程のことがないと

起きることではありません

 

 

しかし、今日の記事において

注目してもらいたいのは

”腰の脊髄の神経活動”です

 

 

その.2

神経は丈夫。しかし・・・

 

僕たちの歩行できるのは

運動神経という

神経ネットワークのおかげです

 

 

脳幹という司令塔から

神経ネットワークを通じて

筋肉に命令(刺激)を送って

筋肉が働くことで歩いています

 

 

脊椎損傷すると

司令塔(脳幹)から命令を

しても損傷している場所で

止まってしまい

 

 

筋肉が働くことができない

状態になります

 

 

普段の生活では

そういったことが

起きたりはしませんが

 

 

自分で気づかないうちに

足の力が入りにくくなっている

ことがあるんです。

 

 

・足がやけに疲れやすい

力が入りにくい

と思ったことありませんか?

 

 

 

 

 

神経は想像以上に外部からの

衝撃には強く

簡単に切れたりすることはありませんが

 

 

神経に対して

酸素供給(血液などから)が

減ると、

 

 

脳幹からの命令にも

正しく働かなくなることが

あります。

 

 

 

当院では

お客様にうつ伏せで

足を動かしてもらう

などの動作チェックを行い

 

 

骨格調整した後に

再度、動作チェックを行い

カラダを変化を確かめてもらいます

 

 

腰仙関節

仙腸関節

 

 

 

この場所には沢山の

神経が張り巡らされて

いまるのですが

 

 

8ー9割の人が腰仙関節

仙腸関節調整あとに

足の動作が軽く、

しかも強く力が入るようになります

 

 

歩くとすぐに疲れる

立っていると力が入りにくい

年齢で筋力が弱くなっているかもしれない

と思っている方

 

 

腰仙関節、仙腸関節

の歪みによって起きている

症状かもしれません

 

 

今の運動のパフォーマンスを

高めるにも、有効なポイントなので

この記事を読んで気になった方は

ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで

ご拝読ありがとうございます

 

整体タナゴコロ

小原太郎

 

 

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-16-7
フラット1167 1F
マップを見る
店休日 水曜日
営業時間 10:00~20:30(last19:30)
タナゴコロのHP

           

フィジカル
プロデューサー

                               
名前小原 太郎
住まい東京都

Profile

身体を通して人生が変わる
キッカケを与え続ける
フィジカルプロデューサー

・ナショナル整体学院卒
・日本セラピスト協会ゴールド会員。

【 略歴 】
19歳から整体学校へ通い卒業後、 現在に至るまで20年以上、 手技療法を続けている。

整体やカイロプラクティック リラクゼーションマッサージから 足ツボなど様々な業態。

従業員・管理職・マネージャー職 という立場を経験する中で 手技業界の雇用環境や 療術家のこれからの在り方に 疑問を抱き改革するべく。

2016年に世田谷区梅丘に 「整体タナゴコロ」を開業。

20年間で経験してきた 東洋・西洋医学の手技療法を 融合させた技法を扱う。

・長期的な腰痛や膝の痛みなど長く痛みに  苦しんで、諦めかけている方。
・原因がわからない不調に悩んでいる方
・整体を受けてもすぐ身体が悪い状態へ戻る方
・自分の身体のことが知りたい方
 そんな方のお役に立ちます。

月別記事