ワンランク上のステージに上がるための体づくり!
世田谷区梅ヶ丘の整体タナゴコロ

腕や手のシビレ。首と腰の脊柱管狭窄症に悩んでいる人へ。 症例7

症例紹介

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは小原太郎です。

 

 

頑張る自営業者・経営者・

フリーランスの皆さん

 

 

無理することが普通になって

ある日突然、肩や腕が痛くなって

動かしにくくなった

 

 

そんなご相談を受けることが

とても多いです。

 

 

あなたの側に

しっかり治してくれる人が

いたなら安心なのですが・・・・

 

 

今日は相談に行ったけど

諦めて症状を長く放置してしまった

人のお話し。

 

 

でも希望はありました。

 

今日は

「 首・腰両方のシビレや痛み 」です

 

その.1

脊柱管狭窄症

不思議なのですが勉強し続けていると、

その勉強のテーマに近い症状の

お客様とのご縁が繋がります。

 

 

 

 

Kさん60代女性(仮名)息子さんからの紹介でタナゴコロに来院。2年前から腕~手先の痺れを感じ始めた。整形外科では絵頸部脊柱管狭窄症と診断。「年齢のせいだから」と言われ鎮痛剤とリハビリテーションへの通院を勧められた。半年前に今度は足の痺れを感じ始める。再び整形外科を受診。今度は腰部の脊柱管狭窄症と診断。頸部・腰部共に脊柱管狭窄症のリハビリを続けているが痛みに変化がないので通うのをやめた。

 

 

 

 

整形外科の診断書を

レントゲン写真と一緒に

見せてもらいました。

 

 

首と腰。療法の脊柱管狭窄症を

同時に起こしている方は

珍しいです。

 

 

しかも、首の狭窄症は

腕から手にかけて

常に弱い痺れを与えている。

 

 

 

なんとKさんと出会う少し前から

集中的に勉強しているテーマが

神経」でした。

 

 

 

 

これも

何かの縁です。

精一杯施術対応します。

 

 

その.2

”狭窄症”以外に正常な場所が必ずある

 

僕たちは狭窄している場所を

引っ張って広げるような

外科的ことはできませんが

 

 

狭窄している以外の正常な場所の

(例えば頸椎より下の胸椎。

腰椎より下の骨盤など)

機能を向上することで

 

 

 

狭窄した場所への

負担を分散させることは

可能です。

 

 

 

幸いにもKさんは

首や腰以外しっかりとしており

施術で背骨も肋骨も柔軟性を

つくることができました。

 

 

また、神経を正常に保つ3大要素があります。

「刺激」「栄養」「酸素」この3つです。

 

 

この三つの要素の中で

足りなくなる

可能性が高いのは「酸素」です

 

 

Kさんの姿勢から神経走行を

考えて神経が絞扼(締め付けられる)している

場所に対して、

 

 

筋肉のほぐし、

皮膚のほぐし、

血行を良くして酸素を送りました。

 

 

「カラダを調整している最中は痺れを感じませんでした」

と、Kさん1回目の状態としては良い兆候です。

 

 

その.3

3回目の来院で

 

 

 

 

Kさん3回目の来院時には

痺れ・痛みがない状態にまで

回復しました。

 

 

「痺れがない状態で生活ができるとは思わなかった・・・」

ご本人も驚くほどです。

 

 

 

ここまで素早く結果が

現れるとは正直思っていなかったので

実は僕も驚いていました。

 

 

偶然にも勉強していた

神経というテーマのおかげで

Kさんの施術内容をスムーズに

考えることができたのです。

 

 

 

脊柱管狭窄症は構造的に

治せないものもあることは確かです。

 

 

 

しかし、Kさんや

Kさん以外のお客様で

レントゲンの写真では

狭窄は起きているけれど、

 

 

 

痛み・痺れは治ったという

人も沢山います。

 

 

 

あなたの痛み・痺れは

本当に背骨が原因?

脊柱管狭窄症が原因でしょうか?

 

 

 

 

もしかしたら、

狭窄症が起きている

場所以外の機能を向上することで

痛み・痺れから

解放されるかもしれません。

 

 

 

僕はKさんのカラダの中に

ある”良い(機能)ところを

引き出した”だけです。

 

 

自営業者・経営者・フリーランスの皆さん。

あなたを邪魔する体の違和感や痛みを

克服できるとしたら

 

 

あなたのパフォーマンスが

どれだけ高くなるか

想像してみてください。

 

 

タナゴコロは

あなたの想像を現実にする

キッカケを創り続けます

 

 

 

 

最後まで

ご拝読ありがとうございます

小原太郎

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-16-7
フラット1167 1F
マップを見る
店休日 水曜日
営業時間 10:00~20:30(last19:30)
タナゴコロのHP

           

フィジカル
プロデューサー

                               
名前小原 太郎
住まい東京都

Profile

身体を通して人生が変わる
キッカケを与え続ける
フィジカルプロデューサー

・ナショナル整体学院卒
・日本セラピスト協会ゴールド会員。

【 略歴 】
19歳から整体学校へ通い卒業後、 現在に至るまで20年以上、 手技療法を続けている。

整体やカイロプラクティック リラクゼーションマッサージから 足ツボなど様々な業態。

従業員・管理職・マネージャー職 という立場を経験する中で 手技業界の雇用環境や 療術家のこれからの在り方に 疑問を抱き改革するべく。

2016年に世田谷区梅丘に 「整体タナゴコロ」を開業。

20年間で経験してきた 東洋・西洋医学の手技療法を 融合させた技法を扱う。

・長期的な腰痛や膝の痛みなど長く痛みに  苦しんで、諦めかけている方。
・原因がわからない不調に悩んでいる方
・整体を受けてもすぐ身体が悪い状態へ戻る方
・自分の身体のことが知りたい方
 そんな方のお役に立ちます。

月別記事