ワンランク上のステージに上がるための体づくり!
世田谷区梅ヶ丘の整体タナゴコロ

股関節の痛みや運動制限は一回の施術で、どこまで変わる?

症例紹介

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

こんにちは

小原太郎です。

 

 

自営業・フリーランス

中小零細企業経営者のみなさん

 

あと一歩前に進む為に背中を押して欲しい瞬間

キッカケが欲しい時

ありませんか?

 

 

タナゴコロは

ワカルとカワル整体で

カラダを通して人生がカワル

キッカケを与え続ける場所です。

 

 

ワカルとカワルって何?

 

 

 

それは

お客様の意識を変えることです。

 

 

・原因がワカルと意識がカワル

・動かせるとワカルと行動がカワル

 

 

自分の可能性に

気が付く(ワカル)時

人はカワルのです。

 

 

そんな瞬間に立ち会ったお話し。

 

 

その.1

その機会(チャンス)は一回だった

 

左脚の股関節を手術したAさん、手術から5年経過した現在、今後は右足の違和を感じ病院へ診断を受けた。
股関節の変形をお医者さんに指摘されたらしい。
「今は問題ないけど、いずれは右足も手術する可能性がある」。あの言葉を聞いた日からAさんの生活は変わってしまった。続く違和感と歩くたびに右股関節がすり減るのではないかという不安が、Aさんを歩くことから遠ざけていった。

 

 

Aさんと出会ったのは

Aさんの娘さんの

Fさんからのご紹介。

 

 

 

 

東京で働いているFさんに会いに

はるばる北海道からやってきた、

東京に折角きたのだからと、

 

 

Fさんに連れられて

Aさんはタナゴコロの

ドアを開け。

 

 

問診の時に

先程の股関節の話を聞きました。

住まいは北海道。

チャンスはこの1回です。

 

 

 

タナゴコロは

ワカルとカワル整体で

カラダを通して人生がカワル

キッカケを与え続ける場所

 

 

Aさんとのゴールは

股関節の不安から解放され、カラダを動かすことの楽しさを取り戻すこと

そう一緒に決めました。

 

 

その為に何をするべきか?

 

 

この1回でAさんに

自分のカラダに

自信をつけてもらうこと

 

 

痛みというもの

さまざまな種類があって

 

 

機能的な問題があって

発生する痛みと

心(ストレス)から発生する

痛みがある。

 

 

 

 

Aさんの場合は両方が混在していて

本来小さい痛みを何倍もの大きさい

感じているように思えました

 

 

 

Aさんに股関節の構造と

機能と心の痛みが混在

していることを説明しました。

 

 

病院では教えてもらえなかったことも

沢山あったようで、緊張していた

Aさんも少しずつ

安堵の表情を浮かべはじめました。

 

 

その.2

動かせるようになると

 

まずは痛みがない手術した左側の股関節を

スムーズ動かせるように調整し

カラダの変化を体感してもらいました、

 

 

 

5分で変化したことに

Aさんは驚いていました

 

 

今度は少しずつ、

右足に触れます。

腸腰筋をはじめとした

股関節に関連する筋肉の緊張を解除。

 

 

 

モビライゼーションベルト

(矯正器具です)で

股関節を調整。

 

 

 

😆「ここまで足が上がるようになったのは

何年ぶりかな・・・」

 

 

僕のサポートで足が軽やかに動く

ようになって嬉しくなったAさん

 

 

最後に自分の足で立って違和感が

ないことを実感してもらいます。

 

 

 

 

 

結論

股関節の違和は

変形によるものではなかったんです。

 

 

精密検査で変形は確かにしているが

股関節の違和は筋肉や関節など

別の場所にあったんです。

 

 

その.3

Aさんのその後

最後にテーピングを貼って

調整したカラダが維持できることを

伝えました。

 

 

 

 

あれから3ヶ月経って

Fさんから連絡がありました。

 

 

Aさんの股関節の違和感は

あれからも

発生することがないそう。

 

 

自信がついたAさんは

あれから積極的に歩くようになり

テーピングも自分で購入し

工夫しながら使っている

 

 

近くでカラダをケアしてくれる

お店がないか探しているそう。

 

 

歩く自信を取り戻せたことに

感謝をしている

 

 

 

 

聞いていて僕自身も感動して

胸が熱くなりました。

 

 

僕が担当したのは80分ほどでしたが

Aさんは自分の可能性に気が付き

 

 

 

日常の中で歩くことの

自信を取り戻してくれました。

 

 

Aさんのお話しを聞いて

改めて思うのですが

僕たち手技療法の人間は

キッカケを与える技術を扱うのです。

 

 

全てはお客様のカラダの中に

可能性も自信もあります。

 

 

僕たちはそれが生まれる

キッカケを与えるのだと

 

 

凄いのは僕たちの技術よりも

Aさん自身であり

Aさんのカラダなんです!

 

 

 

今回も最高の瞬間に関わる

ことができました。

Aさんと紹介してくれた

Fさんに感謝です。

 

 

また東京にいらした時は

Aさんが次のステージへ上がれるように

新たなキッカケを創ります。

 

 

股関節の不安から解放され、カラダを動かすことの楽しさを取り戻すこと

これからも一緒に目指していきましょう。

 

 

 

 

最後まで

ご拝読ありがとうございます。

 

 

整体タナゴコロ

小原太郎

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

お問い合わせ

住所 〒154-0022
東京都世田谷区梅丘1-16-7
フラット1167 1F
マップを見る
店休日 水曜日
営業時間 10:00~20:30(last19:30)
タナゴコロのHP

           

フィジカル
プロデューサー

                               
名前小原 太郎
住まい東京都

Profile

身体を通して人生が変わる
キッカケを与え続ける
フィジカルプロデューサー

・ナショナル整体学院卒
・日本セラピスト協会ゴールド会員。

【 略歴 】
19歳から整体学校へ通い卒業後、 現在に至るまで20年以上、 手技療法を続けている。

整体やカイロプラクティック リラクゼーションマッサージから 足ツボなど様々な業態。

従業員・管理職・マネージャー職 という立場を経験する中で 手技業界の雇用環境や 療術家のこれからの在り方に 疑問を抱き改革するべく。

2016年に世田谷区梅丘に 「整体タナゴコロ」を開業。

20年間で経験してきた 東洋・西洋医学の手技療法を 融合させた技法を扱う。

・長期的な腰痛や膝の痛みなど長く痛みに  苦しんで、諦めかけている方。
・原因がわからない不調に悩んでいる方
・整体を受けてもすぐ身体が悪い状態へ戻る方
・自分の身体のことが知りたい方
 そんな方のお役に立ちます。

月別記事